ベッキーの魅力

ベッキーをテレビで観ない日はないほど、
ベッキーはテレビを中心に活躍している女性タレントです。
ベッキーは、常に明るいキャラクターと可愛らしい笑顔で、
番組を盛りたて、ときにはその元気な姿で視聴者にも
元気を与えてくれるような存在です。

ベッキーは、現在、サンミュージック所属の女性タレントで、
本人は当初「女性コメディアン(コメディエンヌ)」と自分で称していました。
しかし現在のベッキーは、歌手デビューを果たしたり、
女優業もこなしているため、「女性コメディアン」という枠には収まらなくなってしまいました。
自らを「女性コメディアン」と称していただけあって、ベッキーは発言が常に的を得ていてしかも面白いところから、バラエティ番組にひっぱりだこです。

ベッキーは1984年3月6日生まれですが、ファッションやあどけなさの残る美人というよりも可愛いファニーフェイスで若く見られます。
それだけベッキー自身も無邪気な部分が残っていて、
ファンにとっては、そのあどけなさと発言からみられる賢さに魅了されているようです。

ベッキーは、父をイギリス人、母を日本人に持つハーフで、
よく見ると瞳が黒ではなく、どこか緑色がかった茶色の目をしています。
ハーフというとモデルなど、どこか遠い存在になりがちですが、
ベッキーはその明るさと親しみやすさで、
声をかけたら楽しいおしゃべりができそうなところも魅力です。

またベッキーはバラエティ番組を中心に芸能活動をしていますが、大人気ドラマ「のだめカンタービレ」などで、本来の明るさを生かした役を演じることがほとんどです。

ベッキーは常にだれかの応援をしているような、明るさを持ち、自分が主人公というような押し出しの強さはあまり見受けられません。
そのためベッキーは、ただ可愛いだけの女性タレントではなく、
人気のバラエティ番組の縁の下の力持ち的な存在になることが多いのです。
ベッキーの人気の秘密はこうした、芸能人らしくなさや気取りのなさが、ベッキーの魅力となり、人気が生まれてきているのかもしれません。

ベッキーはただ座っていて、しゃべるだけの女性タレントとは違うことは、とにかくチャレンジ精神が豊富なことです。
テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」などでは、普通の女性タレントが思わず断ってしまいそうな場所にまで行ってしまいます。
そしてベッキーはその場所を楽しんでしまうのです。

ですからベッキーはただ元気が良くて可愛くて、発言が面白いだけではなく、かなりタフな女性だということもうかがえます。
ベッキーはそのタフさと行動力も魅力の一つとなっています。

私もベッキー大好きです。
これからもベッキーのでる番組に注目です!!


タグ:ベッキー

ベッキー流おしゃれは派手なネイル

ベッキーは浜崎あゆみに続いて、3年間ネイルクイーンの座に座りました。

それだけあって、ベッキーのネイルは、いつも驚くようなネイルアートが施されています。
「そんなに派手な爪だと普通の男性はひくんじゃないですか?」と尋ねられとこと、ベッキーは「このネイルに文句があるような人とは付き合わない」と答えたそうです。

それだけベッキーのネイルへのこだわりは大きいようです。

ネイルアートはやり続けると、どんどんエスカレートしてしまうもので、ベッキーのネイルも羽がついていたり、とデコラティブなものになっていきました。
ベッキーのネイルアートは、ベッキー自身の元気さをアピールするような楽しいものばかりで、やたらとキラキラしているだけでなく、なにか驚かせる要素が入っています。

ベッキーのネイルアートは、自分だけの楽しみではなく、他人も楽しませたいというサービス精神があるようです。
しかし仕事になるとベッキーは、そのネイルアートは、派手ですが、生活する上でじゃまになるようなものはつけていないようです。

ベッキーのネイルは現在、美しく整えられた長い爪に派手な模様が描かれていたり、ネイルストーンが施されている程度に抑えられています。
ベッキーの中で、デコラティブなネイルアートの流行は去ってしまったようです。

しかしそれでもネイルアートはいつもきれいにしているベッキーなのでした。

ベッキーが選んだ国籍

ベッキーは、父親がイギリス人であるため、日本とイギリスの二重国籍でしたが、20歳を機に、日本国籍を取得しました。

ベッキーが日本国籍を選んだわけは、推測に過ぎませんが、日本の芸能界で活躍するようになり、自分の働いている場所は日本であるし、受け入れてくれるファンがいるのも日本だということで、ベッキーは日本国籍を選び、自分は日本人として生きていこうと決意したのではないでしょうか。

また、ベッキーは日本で過ごした時間も長く、選んだ大学も日本の大学であったという影響もうかがえます。

またさまざまな国を訪れる仕事も多いベッキーですから、日本国籍を取得しておいたほうが芸能活動も行いやすいと判断したのではないでしょうか。
ベッキー自身、それまではおそらく、パスポートを作るにしても、ビザが必要な国に仕事で出かけるときも、他の出演者より時間がかかったでしょう。

ベッキーは現在、日本国籍を取得し、立派に日本人となりました。

ベッキーは自分のことを「べき子」と呼ぶこともあるくらい、日本という国が自分の出身であると考えているようです。
ベッキー自身も、たまたまハーフに生まれただけの日本人であると自覚しているのでしょう。

ベッキーの国籍がもしも変わるとすれば、ベッキーが海外の男性と結婚して、その国に移住するときくらいなのではないでしょうか。
ところが現在、恋のうわさをさっぱり聞かないベッキーですから、そんな日はまだ来そうにないですね。

ベッキー人生初のボブヘアに

芸能生活10周年で本格的に音楽活動を開始するにあたり、人生初のボブヘアに挑戦。
自慢のロングヘアを50センチ以上断髪しました。
アーティスト名「ベッキー♪#」として大人の女にイメージチェンジし、「髪を切って、新しい自分を打ち出していく勇気がわいてきました」と歌手の成功を誓っいました。

現在レギュラー番組8本、CM11本を抱え、今年8月度の「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ社)の人気女性タレント1位を獲得した超売れっ子は、飛ぶ鳥を落とす勢いで歌手デビューもゲット。「髪は結婚する時にバッサリ切ろうと思います」と今年9月のイベントで語っていたが、アーティストへの思いが乙女心を変化させた。

ボブヘアは、女性誌「an・an」で初披露されました。
髪を切る企画をオファーされた同誌とデビュー曲の発売日が同じだったため、「運命的なものを感じ、決意しました」とベッキー。

物心ついた時から伸ばし続け、腰まであった髪をあごのラインまで50センチ以上もカット。
元気いっぱいのキャラから、クールな色香を漂わせる大人の女性に変身しました。

「ベッキーらしさが失われるのでは、と不安もありました。が、25歳、デビュー10周年という区切りの年に、アーティストデビューが重なった今、このタイミングで切ったほうが良いと決断しました」と生まれ変わった自分に瞳をキラキラ。

「今回、髪を切ったことで、アーティストとして新しい自分を打ち出していく勇気がわいてきました。歌を通して、シリアスな部分も見ていただけたら、と思い、自分で詞を書くことにこだわりました」と明かしました。                産経ニュースより抜粋

ベッキーの♪心のとびら


ベッキーの魅力がいっぱいつまったメッセージ・フォトブック

ベッキーの♪心のとびら

著者: ベッキー
出版社: 幻冬舎
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円)

365日がんばるあなたへベッキーからの手紙。
つらいとき、落ち込んだとき、泣きたいとき…
胸に響くメッセージ・フォトブック



つらいとき、落ち込んだとき、泣きたいとき……
胸にしみるメッセージフォトブック.

この本に登場する言葉たちは、私が大切にしている言葉たちです。
自分自身に言い聞かせている言葉……
人がそう思わせてくれた言葉……
人が贈ってくれた言葉……。
そんな一つ一つの言葉が“お花”で
『みなさんに花束をプレゼントするんだ!』
という思いでこの本を作りました。

悲しいことがあった時
ただ「悲しい悲しい」と思うのではなくて
「こういう時、人にどうしてほしいかな」
「どういう言葉をかけられたいかな」
と考えることをおすすめします。
その時の辛い気持ちをハッキリ記憶しておくんです。

そして友だちが同じ状況になった時、
その経験を活かすんです。
自分がつらい時、人にしてほしかったことを、人にする。
自分の経験が大切な人の役に立てたら
それって素敵なことですよね。

悲しみもリサイクル!

涙が出るほどつらいことも、
10年後には、立ち直れる。
20年後には、笑えてる。
50年後には、忘れているかもしれない!

今はこの“今”があるけど、
数十年後には、数十年後の“今”がある。

簡単じゃないかもしれないけど
前を向いて歩こう。

「BOOK」データベースより
ベッキーの♪心のとびら

同僚にしたい有名人1位はベッキー

商品取引の外為オンラインが「仕事にまつわるイメージ調査」を実施したそうです。

そのひとつ“同僚にしたい有名人”で1位に輝いたのがベッキー。
1位 ベッキー、
2位 上地雄輔、
3位 桜井翔、
4位 瑛太、
5位 宮崎あおい

選ばれた理由は「一緒に働いていると元気が出そう」。
確かに私も、ベッキーと友達になりたい、
同僚になりたい、一緒に働きたい。。

ベッキーは昨年は14本のCMに出演し、新番組も含め、
8本のレギュラーがあるなど絶好調です。
ベッキー、やはり元気ですね!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。