ベッキー流おしゃれは派手なネイル

ベッキーは浜崎あゆみに続いて、3年間ネイルクイーンの座に座りました。

それだけあって、ベッキーのネイルは、いつも驚くようなネイルアートが施されています。
「そんなに派手な爪だと普通の男性はひくんじゃないですか?」と尋ねられとこと、ベッキーは「このネイルに文句があるような人とは付き合わない」と答えたそうです。

それだけベッキーのネイルへのこだわりは大きいようです。

ネイルアートはやり続けると、どんどんエスカレートしてしまうもので、ベッキーのネイルも羽がついていたり、とデコラティブなものになっていきました。
ベッキーのネイルアートは、ベッキー自身の元気さをアピールするような楽しいものばかりで、やたらとキラキラしているだけでなく、なにか驚かせる要素が入っています。

ベッキーのネイルアートは、自分だけの楽しみではなく、他人も楽しませたいというサービス精神があるようです。
しかし仕事になるとベッキーは、そのネイルアートは、派手ですが、生活する上でじゃまになるようなものはつけていないようです。

ベッキーのネイルは現在、美しく整えられた長い爪に派手な模様が描かれていたり、ネイルストーンが施されている程度に抑えられています。
ベッキーの中で、デコラティブなネイルアートの流行は去ってしまったようです。

しかしそれでもネイルアートはいつもきれいにしているベッキーなのでした。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。