ベッキーが選んだ国籍

ベッキーは、父親がイギリス人であるため、日本とイギリスの二重国籍でしたが、20歳を機に、日本国籍を取得しました。

ベッキーが日本国籍を選んだわけは、推測に過ぎませんが、日本の芸能界で活躍するようになり、自分の働いている場所は日本であるし、受け入れてくれるファンがいるのも日本だということで、ベッキーは日本国籍を選び、自分は日本人として生きていこうと決意したのではないでしょうか。

また、ベッキーは日本で過ごした時間も長く、選んだ大学も日本の大学であったという影響もうかがえます。

またさまざまな国を訪れる仕事も多いベッキーですから、日本国籍を取得しておいたほうが芸能活動も行いやすいと判断したのではないでしょうか。
ベッキー自身、それまではおそらく、パスポートを作るにしても、ビザが必要な国に仕事で出かけるときも、他の出演者より時間がかかったでしょう。

ベッキーは現在、日本国籍を取得し、立派に日本人となりました。

ベッキーは自分のことを「べき子」と呼ぶこともあるくらい、日本という国が自分の出身であると考えているようです。
ベッキー自身も、たまたまハーフに生まれただけの日本人であると自覚しているのでしょう。

ベッキーの国籍がもしも変わるとすれば、ベッキーが海外の男性と結婚して、その国に移住するときくらいなのではないでしょうか。
ところが現在、恋のうわさをさっぱり聞かないベッキーですから、そんな日はまだ来そうにないですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。