ベッキー絵本の翻訳に挑戦

ベッキーは、日本語混じりの英語と日常会話しかできないために、英語の番組には出演しません。
しかしベッキーの英語を読む力は、かなりのレベルでできるようです。

ベッキーは絵本を読むのが好きらしく、たまたま手に取った英語の絵本に感動し、絵本を実際に翻訳しています。

ベッキーの翻訳した絵本は、やはりベッキーが大好きな動物のことが書かれていて、ベッキーもタレント活動で忙しいなか、翻訳を進めたのだそうです。
ベッキーが翻訳をした絵本のタイトルは「オウエンとムゼイ」「オウエンとムゼイ なかよしのことば」の2冊です。

オウエンとムゼイ

この2冊の絵本の翻訳には、英語独特の表現や、子供むけに書かれているために、わかりやすい文章にしなければならないため、ベッキーは、かなり苦労をしたようです。

ベッキーが翻訳した「オウエンとムゼイ」は大津波で母親とはぐれてしまったカバのオウエンとそれを助けたゾウガメのムゼイの物語です。
その絵本は別の種類の生き物でも、互いに信じあい、助け合うという素晴らしい友情の物語でベッキーも感動したそうです。

絵本好きの人には評価が高く、ベッキーの感性と翻訳力、日本語の文章力も評価されています。

ベッキーが売れっ子タレントになった今では、ゆっくりと絵本を眺める時間も少ないでしょうし、なにより絵本を探しに行く時間がないのではないでしょうか。
ベッキーは、このようにすばらしい絵本を翻訳しているのですから、こうした才能ものばしていっていただきたいものです。


オウエンとムゼイなかよしのことば


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。