ベッキーの卒業した大学

ベッキーは、亜細亜大学経営学部経営学科を卒業しています。

普通のタレントは、大学にせっかく入学しても、仕事の忙しさから退学してしまったり、留年を繰り返すことが多いようですが、ベッキーは4年間で無事卒業しました。

亜細亜大学に通っていたベッキーは、タレントとしてではなく、ごく普通の学生として通学していたそうです。
そしてベッキーはタレント活動も行っている社会人であるという自覚から、大学に通う費用や学費はすべて自分で支払ったそうです。

ベッキーが経営学部を専攻した理由は、将来、雑貨屋を開きたいという夢があり、そのために経営を学ぶため、経営学部を選んだそうです。
しかし仕事で忙しいはずなのに、あまりにも真面目に通学していたベッキーに亜細亜大学内では「ベッキー双子説」が流れたほどだそうです。

また芸能界以外の世界も目にしていることで、ベッキーは他の女性タレントよりも知識に幅があり、あまり愚かな発言をしません。
ベッキーがデビューした頃、水着撮影の仕事が来たそうですが、将来それがいわゆる「お宝映像」になることを嫌がりキャンセルしたそうです。
ベッキーは先を見通す才能に恵まれているようです。
そんなところから、ベッキーの賢さは現われています。

するとベッキーが外見とは違い、現代っ子には珍しく古風で頭の回転もいい女性であることがわかってきます。

最近、芸能界では「おバカ」を売り物にしたタレントたちが人気を誇っていますが、賢いベッキーは、あまり気にしてはいないようです。

ベッキーは自分が賢いということを、あまり表には出さず、かといってブームの「おバカ」を演じることもしません。
今のブームは一過性のものであると、冷静にベッキーは考え、自分らしいタレント活動を続けています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。