ベッキーは動物扱いの達人

ベッキーは動物を扱ったテレビ番組「天才!志村どうぶつ園」にレギュラー出演していて、さまざまな動物と接してきました。

ベッキーはどんな動物とも仲良くなってしまうという不思議な才能があるのです。
「天才!志村どうぶつ園」の園長こと志村けんからベッキーに「女ムツゴロウ」というニックネームをつけられました。

ベッキー自身もかなりの動物好きで、番組の企画だからと適当に動物と向き合うのではなく、常にその動物と信頼関係を持てるかに力をいれているようです。
ベッキーのどんな動物とでも仲良くなれる才能に目をつけたのはゲーム業界で、携帯用ゲーム機でペットを育てるゲームのイメージキャラクターにされたほどです。

ベッキーが出演している「天才!志村どうぶつ園」でパンダの赤ちゃんを取り上げたことがあり、ベッキーが子供のパンダを育てるという企画がありました。
そのパンダが成長した姿を観にベッキーが、そのパンダの保護施設を訪れたとき、ベッキーが世話をしたパンダたちはベッキーに甘えてきたのです。
それだけパンダたちは、ベッキーを「優しく世話をしてくれたお母さんのような人」と認識していたのでしょう。
ベッキーも自分が世話をしたパンダが自分を覚えていることは感激していました。

ベッキーは現在、実家の近くで一人暮らしをしているそうですが、実家にいるペットに会いたくて、つい実家で長く過ごしてしまうそうです。
そんなベッキーですから、動物たちからも愛されて不思議ではないでしょう。
ベッキーは、動物に愛されるほどですから、人々がベッキーを愛しても不思議ではないかもしれませんね。

ベッキー自身、動物が好きだから、動物が嫌がることをしませんし、逆に動物がどうやったら喜ぶかを常に考えながら、動物に接しているようです。
ベッキーのように動物と接することは、なかなか難しいことです。
もしも動物が好きなのに好かれないという悩みがあるとしたら、ベッキーの動物との接し方を参考にするといいでしょう。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。