ベッキーの魅力

ベッキーをテレビで観ない日はないほど、
ベッキーはテレビを中心に活躍している女性タレントです。
ベッキーは、常に明るいキャラクターと可愛らしい笑顔で、
番組を盛りたて、ときにはその元気な姿で視聴者にも
元気を与えてくれるような存在です。

ベッキーは、現在、サンミュージック所属の女性タレントで、
本人は当初「女性コメディアン(コメディエンヌ)」と自分で称していました。
しかし現在のベッキーは、歌手デビューを果たしたり、
女優業もこなしているため、「女性コメディアン」という枠には収まらなくなってしまいました。
自らを「女性コメディアン」と称していただけあって、ベッキーは発言が常に的を得ていてしかも面白いところから、バラエティ番組にひっぱりだこです。

ベッキーは1984年3月6日生まれですが、ファッションやあどけなさの残る美人というよりも可愛いファニーフェイスで若く見られます。
それだけベッキー自身も無邪気な部分が残っていて、
ファンにとっては、そのあどけなさと発言からみられる賢さに魅了されているようです。

ベッキーは、父をイギリス人、母を日本人に持つハーフで、
よく見ると瞳が黒ではなく、どこか緑色がかった茶色の目をしています。
ハーフというとモデルなど、どこか遠い存在になりがちですが、
ベッキーはその明るさと親しみやすさで、
声をかけたら楽しいおしゃべりができそうなところも魅力です。

またベッキーはバラエティ番組を中心に芸能活動をしていますが、大人気ドラマ「のだめカンタービレ」などで、本来の明るさを生かした役を演じることがほとんどです。

ベッキーは常にだれかの応援をしているような、明るさを持ち、自分が主人公というような押し出しの強さはあまり見受けられません。
そのためベッキーは、ただ可愛いだけの女性タレントではなく、
人気のバラエティ番組の縁の下の力持ち的な存在になることが多いのです。
ベッキーの人気の秘密はこうした、芸能人らしくなさや気取りのなさが、ベッキーの魅力となり、人気が生まれてきているのかもしれません。

ベッキーはただ座っていて、しゃべるだけの女性タレントとは違うことは、とにかくチャレンジ精神が豊富なことです。
テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」などでは、普通の女性タレントが思わず断ってしまいそうな場所にまで行ってしまいます。
そしてベッキーはその場所を楽しんでしまうのです。

ですからベッキーはただ元気が良くて可愛くて、発言が面白いだけではなく、かなりタフな女性だということもうかがえます。
ベッキーはそのタフさと行動力も魅力の一つとなっています。

私もベッキー大好きです。
これからもベッキーのでる番組に注目です!!


タグ:ベッキー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。