ベッキーの魅力

ベッキーをテレビで観ない日はないほど、
ベッキーはテレビを中心に活躍している女性タレントです。
ベッキーは、常に明るいキャラクターと可愛らしい笑顔で、
番組を盛りたて、ときにはその元気な姿で視聴者にも
元気を与えてくれるような存在です。

ベッキーは、現在、サンミュージック所属の女性タレントで、
本人は当初「女性コメディアン(コメディエンヌ)」と自分で称していました。
しかし現在のベッキーは、歌手デビューを果たしたり、
女優業もこなしているため、「女性コメディアン」という枠には収まらなくなってしまいました。
自らを「女性コメディアン」と称していただけあって、ベッキーは発言が常に的を得ていてしかも面白いところから、バラエティ番組にひっぱりだこです。

ベッキーは1984年3月6日生まれですが、ファッションやあどけなさの残る美人というよりも可愛いファニーフェイスで若く見られます。
それだけベッキー自身も無邪気な部分が残っていて、
ファンにとっては、そのあどけなさと発言からみられる賢さに魅了されているようです。

ベッキーは、父をイギリス人、母を日本人に持つハーフで、
よく見ると瞳が黒ではなく、どこか緑色がかった茶色の目をしています。
ハーフというとモデルなど、どこか遠い存在になりがちですが、
ベッキーはその明るさと親しみやすさで、
声をかけたら楽しいおしゃべりができそうなところも魅力です。

またベッキーはバラエティ番組を中心に芸能活動をしていますが、大人気ドラマ「のだめカンタービレ」などで、本来の明るさを生かした役を演じることがほとんどです。

ベッキーは常にだれかの応援をしているような、明るさを持ち、自分が主人公というような押し出しの強さはあまり見受けられません。
そのためベッキーは、ただ可愛いだけの女性タレントではなく、
人気のバラエティ番組の縁の下の力持ち的な存在になることが多いのです。
ベッキーの人気の秘密はこうした、芸能人らしくなさや気取りのなさが、ベッキーの魅力となり、人気が生まれてきているのかもしれません。

ベッキーはただ座っていて、しゃべるだけの女性タレントとは違うことは、とにかくチャレンジ精神が豊富なことです。
テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」などでは、普通の女性タレントが思わず断ってしまいそうな場所にまで行ってしまいます。
そしてベッキーはその場所を楽しんでしまうのです。

ですからベッキーはただ元気が良くて可愛くて、発言が面白いだけではなく、かなりタフな女性だということもうかがえます。
ベッキーはそのタフさと行動力も魅力の一つとなっています。

私もベッキー大好きです。
これからもベッキーのでる番組に注目です!!
タグ:ベッキー

ベッキー絵本の翻訳に挑戦

ベッキーは、日本語混じりの英語と日常会話しかできないために、英語の番組には出演しません。
しかしベッキーの英語を読む力は、かなりのレベルでできるようです。

ベッキーは絵本を読むのが好きらしく、たまたま手に取った英語の絵本に感動し、絵本を実際に翻訳しています。

ベッキーの翻訳した絵本は、やはりベッキーが大好きな動物のことが書かれていて、ベッキーもタレント活動で忙しいなか、翻訳を進めたのだそうです。
ベッキーが翻訳をした絵本のタイトルは「オウエンとムゼイ」「オウエンとムゼイ なかよしのことば」の2冊です。

オウエンとムゼイ

この2冊の絵本の翻訳には、英語独特の表現や、子供むけに書かれているために、わかりやすい文章にしなければならないため、ベッキーは、かなり苦労をしたようです。

ベッキーが翻訳した「オウエンとムゼイ」は大津波で母親とはぐれてしまったカバのオウエンとそれを助けたゾウガメのムゼイの物語です。
その絵本は別の種類の生き物でも、互いに信じあい、助け合うという素晴らしい友情の物語でベッキーも感動したそうです。

絵本好きの人には評価が高く、ベッキーの感性と翻訳力、日本語の文章力も評価されています。

ベッキーが売れっ子タレントになった今では、ゆっくりと絵本を眺める時間も少ないでしょうし、なにより絵本を探しに行く時間がないのではないでしょうか。
ベッキーは、このようにすばらしい絵本を翻訳しているのですから、こうした才能ものばしていっていただきたいものです。


オウエンとムゼイなかよしのことば

ベッキー歌手デビュー

ベッキーが「心こめて/ハピハピ」で歌手デビューします。

【送料無料】 CD/ベッキー♪#/心こめて (通常盤)


芸能生活10周年で本格的に音楽活動を開始するにあたり、人生初のボブヘアにも挑戦。
自慢のロングヘアを50センチ以上カットしました。
アーティスト名「ベッキー♪#」として大人の女にイメージチェンジ。


ボブヘアは、女性誌「an・an」で初披露されました。
髪を切る企画をオファーされた同誌とデビュー曲の発売日が同じだったため、「運命的なものを感じ、決意しました」とベッキー。

「今回、髪を切ったことで、アーティストとして新しい自分を打ち出していく勇気がわいてきました。歌を通して、シリアスな部分も見ていただけたら、と思い、自分で詞を書くことにこだわりました」とベッキーは話していました。

自ら作詞した「心こめて」は、別れた恋人を想う女性の切ない心境が、優しい言葉でリアルに綴られています。

さらに、初アルバムでは全作品の作詞を担当し、一部では作曲も手掛けたそうです。



【送料無料】 CD/ベッキー♪#/心の星 (デラックス盤 (初回限定仕様))/

「子供のころから誰かにメッセージを発信したい」と願っていたベッキーの夢は広がるばかりですね。
これからもベッキーの勢いは続きそうです。

ベッキーとテレビ番組

ベッキーはおもにバラエティ番組に出演していて、その中では、何か面白いことを言ったり、とんでもない遠くの国で妙なことを実験してきたりしています。

自分が出演するテレビ番組では、ベッキーは明らかに言葉や行動のボールを投げるほうで、受けるほうではありません。

ですからテレビ番組に出演すると、ベッキー自身が行動を起こしたり、発言をすることがほとんどです。
そしてゲストでテレビ番組に呼ばれても、ベッキーはやはり発言し行動してしまうことが多いのです。

唯一、ベッキーが完全に受け手になった番組がありました。
それは美輪明宏さんと江原啓之さんの「オーラの泉」にベッキーがゲスト出演したときです。

通常ゲストが、何かしらアドバイスを受けたり、忠告されるのが、この「オーラの泉」の特徴なのですが、ベッキーにはそれがなかったのです。
ホスト役である美輪明宏さんと江原啓之さんによれば、ベッキーにアドバイスしたり、忠告しなくても、ベッキーはハッピーな性格で精神力も強く、家族を大事にし、真面目に生きていけるとのことです。


この「オーラの泉」に出演したとき、妹とは前世から絆が特に深いと指摘され、ベッキーはテレビ出演中に泣いてしまいました。

ベッキーは、この「オーラの泉」に出演してから、さらに仕事が増え、タレント業も順調に進んでいます。
私もこの「オーラの泉」のベッキーを見てからベッキーがますます好きになりました!

ベッキーが言葉や行動のボールの投げ手ではなく、完全な受け手としてテレビ出演したのは、この「オーラの泉」が初めてだったように思います。

ベッキーはいつも自分が何かを投げかけなければならない立場でテレビに出演してきましたから、「オーラの泉」のような番組では緊張するようです。

しかしベッキーの本領は、やはりバラエティ番組です。
そうした自分から言葉や行動のボールを投げるほうがベッキーには似合っています。
また私たち視聴者やファンも、いろいろな面白いことを言ったり、果敢に行動するベッキーを期待しているのです。

ベッキー流おしゃれは派手なネイル

ベッキーは浜崎あゆみに続いて、3年間ネイルクイーンの座に座りました。

それだけあって、ベッキーのネイルは、いつも驚くようなネイルアートが施されています。
「そんなに派手な爪だと普通の男性はひくんじゃないですか?」と尋ねられとこと、ベッキーは「このネイルに文句があるような人とは付き合わない」と答えたそうです。

それだけベッキーのネイルへのこだわりは大きいようです。

ネイルアートはやり続けると、どんどんエスカレートしてしまうもので、ベッキーのネイルも羽がついていたり、とデコラティブなものになっていきました。
ベッキーのネイルアートは、ベッキー自身の元気さをアピールするような楽しいものばかりで、やたらとキラキラしているだけでなく、なにか驚かせる要素が入っています。

ベッキーのネイルアートは、自分だけの楽しみではなく、他人も楽しませたいというサービス精神があるようです。
しかし仕事になるとベッキーは、そのネイルアートは、派手ですが、生活する上でじゃまになるようなものはつけていないようです。

ベッキーのネイルは現在、美しく整えられた長い爪に派手な模様が描かれていたり、ネイルストーンが施されている程度に抑えられています。
ベッキーの中で、デコラティブなネイルアートの流行は去ってしまったようです。

しかしそれでもネイルアートはいつもきれいにしているベッキーなのでした。

ベッキーが選んだ国籍

ベッキーは、父親がイギリス人であるため、日本とイギリスの二重国籍でしたが、20歳を機に、日本国籍を取得しました。

ベッキーが日本国籍を選んだわけは、推測に過ぎませんが、日本の芸能界で活躍するようになり、自分の働いている場所は日本であるし、受け入れてくれるファンがいるのも日本だということで、ベッキーは日本国籍を選び、自分は日本人として生きていこうと決意したのではないでしょうか。

また、ベッキーは日本で過ごした時間も長く、選んだ大学も日本の大学であったという影響もうかがえます。

またさまざまな国を訪れる仕事も多いベッキーですから、日本国籍を取得しておいたほうが芸能活動も行いやすいと判断したのではないでしょうか。
ベッキー自身、それまではおそらく、パスポートを作るにしても、ビザが必要な国に仕事で出かけるときも、他の出演者より時間がかかったでしょう。

ベッキーは現在、日本国籍を取得し、立派に日本人となりました。

ベッキーは自分のことを「べき子」と呼ぶこともあるくらい、日本という国が自分の出身であると考えているようです。
ベッキー自身も、たまたまハーフに生まれただけの日本人であると自覚しているのでしょう。

ベッキーの国籍がもしも変わるとすれば、ベッキーが海外の男性と結婚して、その国に移住するときくらいなのではないでしょうか。
ところが現在、恋のうわさをさっぱり聞かないベッキーですから、そんな日はまだ来そうにないですね。

ベッキーは英語が苦手との噂

ベッキーは、他のハーフタレントのように、英語番組に出演しません。

その理由は、ベッキーはイギリス人を父に持つため、英語はある程度、日常会話くらいならばお手のものなのだそうですが、日本語が混ざってしまうそうです。

完璧に英語を話せるわけではないので、ベッキーは英語を専門に扱っている番組には出ないと決めているそうです。

しかしベッキーは、英語の絵本の翻訳を手掛けているくらいですから、自分で思っているよりも英語は堪能なのではないでしょうか。
ところがベッキーは、あくまでも「自分の話す英語は、完璧な英語ではないから」と、英語番組の出演は拒んでいます。
こうしたところから、ベッキーはハーフを売り物にしたタレントにはなりたくない、という意思が強いのかもしれません。

芸能界という夢を売る仕事をしているベッキーはファンからの声援や期待を裏切りたくないと考えているのかもしれません。
ですからベッキーはあくまでも日本語で話し、いつも元気で、可愛いというイメージを壊さないために、出演するだけで賢く見えそうな英語番組は敬遠しているようです。

ベッキーは英語ができないわけではありませんが、求められたらそれこそ完璧な英語をマスターしてからではないとベッキーは英語番組には出演しないでしょう。

ベッキーの公式サイト「べき子製鉄所」でも、ベッキーは英語を使っていません。

ベッキーのブログである「ベッ記」でも、自分の気に入った雑貨などの画像をふんだんに利用し、コメントも日本語ばかりです。
それだけベッキーは、ファンに対する自分のイメージを壊さない努力を怠っていないように見えます。
ベッキーは日本の芸能界にいる、たまたまハーフだったタレントということを大事にしていて、当初は「女性コメディアン」と名乗ったことも大事にしているようです。

ベッキーが英語番組に出演するとしたら、おそらくは完璧な英語力を身につけてからになりそうです。

ベッキーの卒業した大学

ベッキーは、亜細亜大学経営学部経営学科を卒業しています。

普通のタレントは、大学にせっかく入学しても、仕事の忙しさから退学してしまったり、留年を繰り返すことが多いようですが、ベッキーは4年間で無事卒業しました。

亜細亜大学に通っていたベッキーは、タレントとしてではなく、ごく普通の学生として通学していたそうです。
そしてベッキーはタレント活動も行っている社会人であるという自覚から、大学に通う費用や学費はすべて自分で支払ったそうです。

ベッキーが経営学部を専攻した理由は、将来、雑貨屋を開きたいという夢があり、そのために経営を学ぶため、経営学部を選んだそうです。
しかし仕事で忙しいはずなのに、あまりにも真面目に通学していたベッキーに亜細亜大学内では「ベッキー双子説」が流れたほどだそうです。

また芸能界以外の世界も目にしていることで、ベッキーは他の女性タレントよりも知識に幅があり、あまり愚かな発言をしません。
ベッキーがデビューした頃、水着撮影の仕事が来たそうですが、将来それがいわゆる「お宝映像」になることを嫌がりキャンセルしたそうです。
ベッキーは先を見通す才能に恵まれているようです。
そんなところから、ベッキーの賢さは現われています。

するとベッキーが外見とは違い、現代っ子には珍しく古風で頭の回転もいい女性であることがわかってきます。

最近、芸能界では「おバカ」を売り物にしたタレントたちが人気を誇っていますが、賢いベッキーは、あまり気にしてはいないようです。

ベッキーは自分が賢いということを、あまり表には出さず、かといってブームの「おバカ」を演じることもしません。
今のブームは一過性のものであると、冷静にベッキーは考え、自分らしいタレント活動を続けています。

ベッキーは動物扱いの達人

ベッキーは動物を扱ったテレビ番組「天才!志村どうぶつ園」にレギュラー出演していて、さまざまな動物と接してきました。

ベッキーはどんな動物とも仲良くなってしまうという不思議な才能があるのです。
「天才!志村どうぶつ園」の園長こと志村けんからベッキーに「女ムツゴロウ」というニックネームをつけられました。

ベッキー自身もかなりの動物好きで、番組の企画だからと適当に動物と向き合うのではなく、常にその動物と信頼関係を持てるかに力をいれているようです。
ベッキーのどんな動物とでも仲良くなれる才能に目をつけたのはゲーム業界で、携帯用ゲーム機でペットを育てるゲームのイメージキャラクターにされたほどです。

ベッキーが出演している「天才!志村どうぶつ園」でパンダの赤ちゃんを取り上げたことがあり、ベッキーが子供のパンダを育てるという企画がありました。
そのパンダが成長した姿を観にベッキーが、そのパンダの保護施設を訪れたとき、ベッキーが世話をしたパンダたちはベッキーに甘えてきたのです。
それだけパンダたちは、ベッキーを「優しく世話をしてくれたお母さんのような人」と認識していたのでしょう。
ベッキーも自分が世話をしたパンダが自分を覚えていることは感激していました。

ベッキーは現在、実家の近くで一人暮らしをしているそうですが、実家にいるペットに会いたくて、つい実家で長く過ごしてしまうそうです。
そんなベッキーですから、動物たちからも愛されて不思議ではないでしょう。
ベッキーは、動物に愛されるほどですから、人々がベッキーを愛しても不思議ではないかもしれませんね。

ベッキー自身、動物が好きだから、動物が嫌がることをしませんし、逆に動物がどうやったら喜ぶかを常に考えながら、動物に接しているようです。
ベッキーのように動物と接することは、なかなか難しいことです。
もしも動物が好きなのに好かれないという悩みがあるとしたら、ベッキーの動物との接し方を参考にするといいでしょう。

ベッキー人生初のボブヘアに

芸能生活10周年で本格的に音楽活動を開始するにあたり、人生初のボブヘアに挑戦。
自慢のロングヘアを50センチ以上断髪しました。
アーティスト名「ベッキー♪#」として大人の女にイメージチェンジし、「髪を切って、新しい自分を打ち出していく勇気がわいてきました」と歌手の成功を誓っいました。

現在レギュラー番組8本、CM11本を抱え、今年8月度の「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ社)の人気女性タレント1位を獲得した超売れっ子は、飛ぶ鳥を落とす勢いで歌手デビューもゲット。「髪は結婚する時にバッサリ切ろうと思います」と今年9月のイベントで語っていたが、アーティストへの思いが乙女心を変化させた。

ボブヘアは、女性誌「an・an」で初披露されました。
髪を切る企画をオファーされた同誌とデビュー曲の発売日が同じだったため、「運命的なものを感じ、決意しました」とベッキー。

物心ついた時から伸ばし続け、腰まであった髪をあごのラインまで50センチ以上もカット。
元気いっぱいのキャラから、クールな色香を漂わせる大人の女性に変身しました。

「ベッキーらしさが失われるのでは、と不安もありました。が、25歳、デビュー10周年という区切りの年に、アーティストデビューが重なった今、このタイミングで切ったほうが良いと決断しました」と生まれ変わった自分に瞳をキラキラ。

「今回、髪を切ったことで、アーティストとして新しい自分を打ち出していく勇気がわいてきました。歌を通して、シリアスな部分も見ていただけたら、と思い、自分で詞を書くことにこだわりました」と明かしました。                産経ニュースより抜粋
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。